点検項目 点検内容

実施方法

A 太陽光モジュールの点検 1. ガラス表面の汚れ、破損、障害物 主に目視による外観点検
B 接続箱/集電箱の点検、
ストリンググループ単位の
良否診断
1. 接続箱
*外箱の腐食や破損
*配線の損傷、緩み
2. 集電箱
*外箱の腐食や破損
*ストリンググループ単位の点検
(モニターを設置しモニタリング)
主に目視による外観点検
ストリンググループ監視設備の設置
C パワコン(PCS)の点検 1. 外箱の腐食、破損、変色
2. 配線の損傷、緩み、断線
3. 通気口、換気フイルター損傷、異音、過熱
4. 運転履歴(エラー履歴)確認
5. PCS出力データロガーの設定
主に目視による外観点検や
表示モニターチェック
D キュービクルの点検 1. 外箱の腐食、破損、変色
2. 配線の損傷、緩み、断線
主に目視による外観点検

※ストリングとは、複数の太陽光モジュールを直列で配線した構成単位で、ストリンググループとは、ストリングを更にまとめた構成単位のことです。

発電量診断の料金

基本料金 備考

1MW 45万円(税別)

※総額はお打合せ後に お見積致します。

作業期間:晴天時3日間程

※必要な資料等がない場合や交通宿泊費は別途お見積となります。
※1MW以外もお受け致します。