太陽光発電の 40円 36円 32円 29円 27円 24円権利高値買取します。

太陽光の権利は持っているが開発を諦めた
訳あって現金化したいなどの方、権利をお売り下さい。
2017年の4月の法改正以降は設備認定の見直しが厳しくなります。
失効する前にご相談下さい。
通常はご相談後2週間から1ヶ月前後で買取完了致します。

0120-979-440

太陽光発電の権利

太陽光の権利をお持ちの方で権利を売りたい方
低圧、高圧、メガソーラーなど大きさを問わず募集しております。原則的に土地付きで買い取っています。(賃貸も可)

太陽光権利の高値買取

自社での太陽光開発を諦めた
早く権利を現金にしたい
太陽光権利が取り消される前に売りたい
など系統連係IDが取れている太陽光発電所の権利と土地を高値で買取します。

ブローカーの方も歓迎

弊社では投資ファンド、開発業者、上場企業、外国人など多数の顧客が既にございますので出来る限り高値で権利を買い取る事が出来ます。

2017年4月新制度

東電管轄以外は2017年3月31日までに電力会社と接続契約を結んでいないと現在の設備認定が失効します。早めにご相談下さい。

日本全国対応!

賃貸、土地売買問わず日本全国の太陽光の売電権利を募集しております。設備認定の書類をご用意してお気軽にご相談下さい。

はじめに

太陽光の固定買取制度がスタートした当初(2012年頃)は、 高額な設定価格での売電が可能で、産業用では、キロワット40円で約20年間売電することができましたが、価格は年々引き下げられているのが現状です。

そのため、新規参入者は収益が減少している為、パネルや土地を非常に安く購するなどしなければ採算が合わなくなってきています。

それらを踏まえ、既に導認可されている太陽光の土地・権利を売買する動きが高まって来ています。

太陽光発電の権利の売却と精算

太陽光発電をしようと設備認定だけ取得したが 計画だけで実際に稼動していない方が多い為
現在の稼働率は30%程度に留まっております。

2016年8月の省令改正以降、3年後に今まで取得した権利は取り消されるようになりましたので権利が取り消される前に、 太陽光の権利を売却し現金に換える事をお勧めいたします。

太陽光発電の権利の現金化

太陽光発電所を作るに当たって、金策が上手くいかない等、何らかの理由で着工できないまま権利を持て余す状態の場合があります。
そのまま所有し続けることも、もちろん可能ですが、持て余したままの太陽光権利を売却する事も可能です。
自分たちにとっての最善の結果についてよく考えた上で、売買という現金化の方法を取る方も少なくありません。

現金化の大きなメリット

自然をそのまま活用した太陽光発電は環境に優しく電気を発電する仕組みとして注目を集めています。
原発事故が起こった日本では、その存在はとても価値があるものと言えるでしょう。
ですが、様々な理由から、計画を実行に移せない問題を抱えてしまう場合もあります。
そう言った場合に、誰かに買い取って貰い現金化する事が出来れば、滞ったままの計画を進められない状況から、一歩踏み出すことが出来ます。
現金化により生まれた資金を、新たな事業に投資することも可能なわけで、これは、太陽光権利の現金化の大きなメリットと言えるでしょう。

権利の現金化は弊社にお任せ下さい

売電価格は、年々、徐々に下がって来ていますので、利益率は数年前より低くなって来ています。
しかし、下がる前の太陽光発電の権利があれば売電価格が下がる前の価格での契約となるため、権利を買い取って太陽光発電所を作ろうと言う需要も高まって来ています。
設備、内容などで、若干の違いはありますが高値で買取し
スムーズでスピーディーな売買契約を結ぶ事が弊社では出来ます。

失効間近な売買権利

FIT制度の改正により、固定価格買取制度(FIT制度)で取得した太陽光売電権利は、2017年3月までに電力会社と接続契約を行わない限り、権利の失効となってしまいます。
設備があるのにもかかわらず、稼働せず、役割を果たしていないままの太陽光発電所の稼働促進と、再生可能エネルギーの最大限の導入、更には国民負担の再生可能エネルギー賦課金とのバランスを図るため、というのが改正の趣旨です。



売電権利の売却・買取

再生可能エネルギー事業の事業化が、様々な理由で頓挫している場合、買い取り事業者などを通じ、失効前の早めの売却が望まれます。
利用せず放置したままの太陽光売電権利を現金化できる最後のチャンスになりますので、
経営悪化、資金繰りの悪化等で、現金を欲している企業などは、何の価値もなくなる失効前に、早めの売買を目指しましょう。

固定買取制度の未稼働率

固定価格買取制度スタート時、多数の申請がなされました。
買取価格徐々に下がっていく想定のもと、設備認定がとれた時点での固定買取価格が20年保証されるために、申請が殺到しました。
しかし、現在稼動している発電所は30%程度で残り70%は未稼働の計画が多数残ってしまう結果になりました。

2017年4月法改正

これは時間の経過により、申請から施工までに大きなタイムラグが生じ、事業者が諸々必要な部材やパネルが調達が出来なくなったり、資金的余裕がなくなってしまっている状況等も関係しています
太陽光発電事業の権利を保持しながら、事業をスタート出来ず保留状態のままの企業が多数存在するということです。
このため、2017年4月以降は、申請後3年以内に事業をスタートさせないと設備認定が取消される仕組みに移行されつつあります。
場合によっては、意図的に事業スタートを遅らせ、部材等が量産効果で安くなるまで待つ悪質業者への対応策として生まれたものですが、同時に、良心的な事業者も同じように影響を受けることになってしまいます。

付与された運転開始期限

先ほど申し上げたように、固定価格買取制度の制度改正により、設備認定を受けたものの、事業の稼働や継続に困っている事業者も出て来ています。 制度改正の1つに、太陽光発電の運転開始期限の付与があります。
権利を取得後、稼働することなく、再生可能エネルギーの普及促進に貢献できない事象が起きているため、平成28年8月1日以降に送配電事業者との接続契約を締結する場合、認定日から運転開始日まで3年という期限を設けました。
そして、期限を過ぎた場合には調達価格の低減又は調達期間の短縮というペナルティーが課せられます。

太陽光設備認定失効のリスク

また平成26年4月以降は、設備認定日より180日以内に設備認定を行い出した場所と太陽光発電設備の確保を証明する書類を経済産業局に提出する必要があり、せっかく取得した売電権利を失効するだけでなく、一切復活は認められないことになりました。
そういうことから、運営に不安のある業者は、失効前に売りたいと希望する場合も増えています。

譲渡可能な設備認定

太陽光発電事業の設備認定は、譲渡することが可能です。
2017年4月の法改正により、認定が取り消される可能性もありますので、売却してしまったほうが良い場合もあります。
太陽光発電事業は、もともと利益がでるまで、かなり時間がかかりますので、手っ取り早い現金化を望む場合は、売却してしまったほうが資金繰りも楽になるなど、利点も多々あります。

太陽光権利の事ならお気軽にご相談下さい

太陽光発電事業を行いたい!と、売電権利を取得してはみたものの、思うような経営ができなくなってしまった場合には、取得した権利そのものを売却したり、貸したりということも可能です。
売却したい、貸し出したい、と思っても、どのようにしたら?取引相手は?とわからないことが多くご不安な方はまずはご相談下さい。
まずは、気軽に相談してみましょう。

太陽光売電事業を始めたいなら

太陽光発電は、非常電源にも活用でき、クリーンエネルギーとして環境貢献ができるという優れた事業です。
そして、更に、余剰電力の売電、遊休土地利用による太陽光発電設備での売電など、固定価格買取制度を利用した新たな収益源となり得ます。
国が定めた制度である再生可能エネルギーの普及促進のための固定価格買取制度は、電力会社に対して、20年間、一定価格での買い取りを義務付けています。
当初の固定価格で、その後の20年間買い取ってもらえるので、その間の安定収入が見込めるため、事業計画に一役買うことが出来ます。

見直しされている固定価格

しかしながら、固定価格買取制度の価格は毎年見直しが行われています。
徐々にではありますが、年々下落しているので、これから新規に太陽光事業を始る場合は、現状を把握することも必要となってきます。

 

 

太陽光事業で安定収入を

固定価格買取制度を活用することで、安定収入が見込める新規事業として成立させることも可能なため、制度利用申請を行う事業者は数多く出てきています。

国が定めた固定価格で20年間、電力会社に電力の買取義務を負わせることが出来る固定価格買取制度は、電力会社の諸事情に関係なく、基本的には同じ価格での買取が保証されます。

このため、収益計画・事業計画の策定も容易に行うことができ、安定収入を得られる新しい事業として新規参入しやすい利点があります。

太陽光発電所と権利の売却

太陽光発電事業を始めたいと考る場合、一から始めるのではなく、既存の発電所と固定価格買取制度による売電権利を購入することも選択肢のひとつとしてあげられます。
既存設備を購入するということは、一から事業計画を立てる必要はなく、経過年数により割り引いた金額で入手が可能であるというメリットが有ります。
固定価格買取制度の売電権利も得られれば、申請手続き、制度認定を受けるまでの期間、両方省けて、いち早い事業スタートが可能です。
しかも、売電価格は年々下落の傾向にあるため、かつての高単価な時期に取得した太陽光の権利を購入できれば、より有利な収益源を確保できるので発電所と権利の買い手が存在します。

発電所と権利の売却はご相談下さい

既に稼働している太陽光発電所などの施設も、事業を継続することに不安がある場合、条件に寄っては発電所丸ごとの売却も可能です。
売却を検討される場合は、一度電話でご相談下さい。
売電IDの売却、太陽光発電所用地の貸し出し・売却、稼働中の太陽光発電所施設の売却など、資金化の方法は様々です。

太陽光権利のみの買取もOK

固定価格買取制度を利用して国が定めた固定価格で電力会社に20年間買い取ってもらうためには、一定の設備要件を整えて国に申請を行い、認定を受けて、設備IDを取得する必要があります。
また、固定価格は認定が認められた年の価格が適用されることになりますので、2016年認定の場合、10kw以上で24円ということになります。
単価が高い既存の設備や、IDを取得したもので、未稼働の設備認定を買い取って事業を始めたほうが条件的に有利になるから太陽光の権利には需要があります。

太陽光権利購入希望の方もご連絡下さい

固定価格での買い取りに際しての必要事項として、国に事前申請を行い、要件を満たしているかいないかの設備認定を受けなければなりません。

認定を受ければ、固定価格で売電できる権利を取得でき、それからの20年間は安定収入を得ることができますが、この固定価格は以前は40円、36円など、高単価でしたが、国民の負担も考慮され、現在は24円と年々引き下げられる傾向にあります。

40円、36円など『高単価の既存の太陽光権利』を購入するという選択肢もぜひ検討されてみてはいかがでしょうか?

余った土地の貸し出しご相談下さい

田舎の土地の相続、後継者なしの耕作放棄地、工場・店舗等の閉鎖跡地などの使い道に困っている方は多いと思います。
使い道がなく、利用価値の低い土地を持て余している方へおすすめなのが、 「太陽光発電事業のための土地貸出」です。
辺鄙な田舎の土地であっても、日射量があれば太陽光発電は可能ですし、広さが確保できるため、メガソーラー事業には最適な環境と言えます。
土地を太陽光発電事業者に貸すことで、 賃料収入も入り、なおかつ地球環境にやさしいエコエネルギー創成に貢献できます。

太陽光発電所の運営代行も承ります

自ら、太陽光発電事業を行おうと設備を整え、権利を取得しても、実際に稼働した後の運営に困っている事業者もいます。
想像以上に専門的なノウハウが必要となり、専門的な人材の確保、更にはランニングコスト、メンテナンスなど、何かと大変な一面もありますので、結局は持て余してしまった・・・という時には、設備・権利一括で貸し出し、運営を、専門の事業者に任せることも、選択肢の一つと言えます。
苦労して取得した権利や設備を無駄せずに済みますし、一定の収入も得ながら、自然エネルギー創出にも貢献できます。

屋根貸しについてもご相談下さい

自社ビルや工場を所有するオーナー、法人等は、本業以外での収入があればと考えます。
太陽光の屋根貸し権を事業主に買ってもらえば、テナントなどの不安定な収益よりも確実な、屋根貸しでのビジネスが可能です。
空いている、ビルの屋上空間、工場の広大な屋根などを貸し出せば、労せずに利益を生むことが出来ます。

屋根を貸すだけ!

事業主は、ビルや工場の広大な屋根をを貸してもらい、ソーラーパネルを設置することで、生み出された電力を、電力会社に売却をして利益を得ることができます。
と同時に、屋根を貸す側には、その賃料が入ってくるという、大きなメリットがあります。
「屋根のテナント料」を副収入に!ということです。
工場やビルの屋上は、使うことがないという場合が多く、一切の影響を与えることなく、事業主から賃料としての利益を、固定価格買取制度によって20年間得ることが出来ます。
20年間に渡って、「屋根を貸すだけ!」のビジネスですから、メリットは多大だ!と言えるでしょう。

契約終了後のメリット

20年の固定価格買取制度終了後、設置されたソーラーパネルは、撤去可能ですし、そのまま引き取って活用することもできます。
自家発電として、光熱費削減に貢献することができれば、終了後のメリットも大きいと思います。
自家発電は、今後、当たり前の時代ですから、太陽光ビジネスが大きな収益につながる可能性は高いです。
広大な建物や工場を所有している法人にとって、太陽光の屋根貸しは、良い宣伝効果も生む、優れた事業となり得ます。

再生エネルギーについて

エコ生活、エコ家電、エコ自動車、などの「エコ」。
「エコ」への意識の高さは、深刻な地球温暖化問題と、地球全体で消費されている電力などから発せられる有害物質による悪影響など、様々な課題と問題に直面していることから来ていると言えます。
エネルギーは、何をするにも利用されますし、私たちの生活に欠かせない環境を汚さない電力のあり方は、未来へ向けての大きな課題となっています。

クリーンエネルギー

人々の生活に欠かせない電力は、捉え方や使い方に寄って、環境に及ぼす影響は大きなものがあります。
そのため、太陽光や風力、水力など、再生可能な自然エネルギーを活用した発電方法は、以前から注目を集めていました。
地域ごとのエネルギー利用に沿った自然エネルギーの利用による発電は、クリーンエネルギーとして、安心・安全な優秀なものとして産生、利用されています。
これらのクリーンエネルギーの産生は、企業や個人でも取り組むことが可能です。

自然エネルギー事業に当たって

自然エネルギーを利用した、発電は、それぞれ、設備や売電単価、権利取得後の扱いも異なります。
太陽光以外の電力の売買なども普及してきている現在、さまざまな自然エネルギーの形態をより理解する事で事業を成功に結びつける事につながります。
自然のエネルギーを利用した安全な発電を、様々な形で提供するのが今後のエコビジネスの主軸となるでしょう。

太陽光発電は地球環境・日本のエネルギー問題に貢献!

地球温暖化による世界規模での環境破壊により、日本においても、各地で異常気象による災害がもたらされるなど、私たちが安心して住める環境が脅かされている現在、太陽光発電によるクリーンなエネルギーは、日々の生活に欠かせない重要な役割を担いつつあります。

現在では、自社の電力を太陽光発電で賄う事業者や、その余剰電力を電力会社に売電するなどを事業にする事業者も登場して来ています。

余った土地の有効活用手段として、ソーラー発電所を設置し、安心安全な自然エネルギーを供給すれば、地球温暖化防止にも貢献出来ます。

太陽光発電権利についてのお問い合わせ

土地の住所
面積
お問い合わせの内容
会社名
お名前
メールアドレス
メールアドレス
(確認用)
郵便番号
郵便番号検索
住所
電話番号
プライバシーポリシー確認